頭皮がかゆい男性に告ぐ!かゆみが激増する前の自宅ケア方法

ご覧頂きありがとうございます。ルイです。

このサイトでは『海外ヘア&海外ファッションをあなたに!』をコンセプトにしています。

今回は『頭皮がかゆい男性に告ぐ!かゆみが激増する前の自宅ケア方法』というテーマでお送りしていきます。

頭皮がかゆくてどうしようもない・・・。

そんな経験はありませんか?

この記事では少なからず、頭皮のかゆみを経験した事のある男性、あるいは今現在、まさにその状態の方に向けた記事になります。

この記事では、頭皮のかゆみの原因、そして、その改善方法を詳しく解説していきたいと思います。かなり詳しく解説していますので、腰を据えて読み進めて頂けたらなと思います。

まずは、頭皮のかゆみが引き起こすデメリットを共有していきたいと思います。

頭皮のかゆみが引き起こす6つのデメリット

頭皮のかゆみが引き起こすデメリットとして、主に6つのタイプがあります。もしかしたら、この記事を読んでいる男性の中に、今から記載している内容のような事を経験した人もいるかも知れません。

では、早速ですが、共有していきたいと思いますので、チェックしてみてください。

肩に大量のフケが付く

頭皮にかゆみが出る事によって、肩に大量のフケが付く可能性があります。

肩に落ちるフケの多くは乾燥によるものでしょう。パラパラとした乾燥したフケは、頭皮から剥がれ落ちた角質です。

乾燥肌の方や、アトピー性皮膚炎気味の方に多いでしょう。その他にも、空気の感想やストレス、病気などの要因、頭皮のトラブルも考えられます。

自分で気づきにくいでしょうが、定期的に鏡でご自分の方を確認してみましょう。また、ご自分で乾燥している時、あるいは、フケが出やすいと感じてるのであれば、訪問先に入る前に両肩を払うようにしましょう。

一時的な対策にはなります。

朝起きたら枕に大量のフケが付いている

朝起きてコレだとショックですよね。でも、この現象は頭にフケがある!と、いうサインです。いつも来ているジャケット、上着の肩あたりを見てみましょう。

細かい白いフケがついていませんか。枕には、皮脂や汚れ、髪の毛、フケなどは入りやすいため、ダニが発生しやすくなっております。フケや、フケの原因になっている皮脂が、ダニの餌となり、繁殖の原因になってしまいます。

寝具周りにダニが大量発生していることで、より皮膚の状態が悪くなり、フケがひどくなってしまう可能性もあります。

枕カバーは週に2.3回は洗濯するようにしましょう。枕カバーがない場合はタオルなどひいて毎日取り換えるようにしてください。

頭に直接触れる部分なので、日々清潔にしていきましょう。出来れば枕も水洗いできるタイプのものがいいですね。洗って日に当てて乾かして、ダニや湿気などを排除しましょう。

ちなみに、雨が続いて洗濯しても乾かせない場合は、掃除機で表面を吸うだけでも、表面のダニの死骸を吸い上げることができるでしょう。すべて排除、とまでは厳しいですが、やらないよりはマシでしょう。

抜け毛の要因になる

フケを長時間放置していると、だんだんと外気によって乾いていきます。この乾いたフケが増え続けると、方に落ちるものもありますが、徐々に毛穴を覆ってしまいます。

通常毛穴は、皮脂を出し続けているが、フケによって毛穴が塞がれてしまうと、皮脂が外に出れず、少しづつ塞がれた毛穴内で、バイ菌の繁殖が始まっていきます。

これを放置してしまうと、毛根が炎症を起こして、髪が抜けやすくなっていきます。

ニキビができて不潔になる

頭皮がかゆくなりますと、ニキビができやすくなりますので、十分な注意が必要です。

そもそもニキビと言えば、顔にできるものと思っている男性も多いのですが、実は頭皮にもニキビはできます。顔にできるニキビのメカニズムは、毛穴に皮脂と古い角質が詰まってできるものです。

頭皮のニキビも同じメカニズムです。フケは大きく分けて2種類あり、ぱらぱらのものとべたべたのものがあります。どちらも毛穴をふさぐ原因ですが、皮脂分泌の過剰な男性の方がニキビができやすいといわれています。

ニキビができている頭皮は、皮脂が過剰に分泌されている可能性が高く、同時にフケも出ているなら、脂性フケであると言えるでしょう。

今すぐの対策が必要ですね。

頭皮が臭くなる

頭皮がかゆくなりますと、頭皮自体から嫌な臭いを発する事があります。

臭くなる原因は、恐らく頭皮のバイ菌等が繁殖している事によるものでしょう。正常な目に見えないほどの小さなフケや、ある程度の量であれば、頭皮が臭くなる事はありません。

その量が多過ぎたり、大き過ぎたりするフケは、雑菌の繁殖を加速させてしまいます。

頭皮のにおいは皮脂が酸化して直接においを放すこともあるが、ほどんどの原因は雑菌の繁殖です。ほとんど水分である汗に雑菌の餌となる栄養が混ざることで、繁殖しやすくなってしまいます。

頭皮がかゆくで物事に集中できない

頭皮の水分が減り、表面をバリアしている角質層がはがれると地肌は刺激をうけやすい『乾燥肌』『敏感肌』状態になります。

そうすると角質層から守られていた、かゆみを感じる神経がむき出しになりかゆみが出てきます。かき出してしまうと、頭皮に傷がつき、さらに雑菌が増えやすい状態になってしまいます。早めの改善に取り組みましょう。

頭皮がかゆい6つの原因

では、今から頭皮がかゆくなる原因をご紹介していきたいと思います。頭皮がかゆくなる原因として、大きく分けて6つですね。

今からお話しする原因は全て生活習慣に関する事なので、要チェックです。それと同時に、今から解説する事を自分に当てはめてお読みください。そうする事で、より頭皮のかゆみの原因をあぶりだす事ができると思います。

市販シャンプーが原因

実は今あなたがお使いになっている市販シャンプー自体が頭皮の痒みの原因になっている可能性があります。

市販のシャンプーの多くは石油系シャンプーと呼ばれてます。原料がラウリル硫酸、ラウレス硫酸などが主成分として使用されており、安くて泡立ちやすく洗浄力も高いです。

洗浄力の高いシャンプーを使用すると頭皮の保湿成分も一緒に洗い流されてしまい、頭皮を乾燥させてフケ、かゆみ等の原因となってしまいます。

ちなみに市販シャンプーに配合されているラウリル硫酸、ラウレス硫酸は食器洗い洗剤にも含まれている成分なので、頭皮に必要な皮脂を根こそぎ除去する事ができますので、頭皮にあまり良くないのです。

洗髪の仕方が悪い

適当に髪を洗っていると頭皮の痒みの原因になりますので、注意が必要です。

必要以上に洗髪してしまうと、頭皮から必要以上の油分を洗い流してしまい、乾燥の原因となります。1日に何回もシャンプーすることも頭皮の感想の原因となります。

また、シャワーのお湯の温度が熱すぎるとお風呂上がりの乾燥の原因になりますので、適度な温度を心掛けましょう。

シャンプー時に指を立てて力を入れ過ぎた洗い方も爪で頭皮を傷つけてしまう原因となるので、自分の頭でも大切な人の頭を洗ってるイメージをしてキレイにしていきましょう。

脂漏性皮膚炎

頭皮の炎症として非常に多いのが『脂漏性皮膚炎』になります。

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂が過剰分泌することで皮脂を好むマセラチア菌が以上繁殖し、頭皮が炎症してしまう事です。こちらの炎症の初期症状は大きなフケができる。その後、毛穴に詰まった皮脂が酸化する事で臭いが発生します。

その後、炎症や痒みが出てきます。悪化すると頭皮の湿疹かゆみが強くなり『かさぶた』が目立つようになり、さらに進むと抜け毛にも繋がりますので、注意が必要です。

アレルギー・アトピー

頭のかゆみとして多いのが『アレルギー』と言われています。アトピー性皮膚炎を持っている方、アレルギー反応を起こしやすい体質の方は、様々な物質による皮膚の炎症に悩まされている事でしょう。

使用しているシャンプー、リンス、だったり、整髪剤、ヘアカラーが原因だったりするので見直してみましょう。

寝具が不衛生

枕や寝具にはダニが存在しています。

特に、枕には汗や皮脂、フケなどがつきやすいので、ダニはそれを餌に成長し繁殖していきます。一般的にダニはこまめに寝具類を日干しにする、乾燥機などで熱消毒をするなどして死滅させれば問題はありません。

が、なかなか2.3日に1回日干しにするなんてやってる一人暮らしの男性なんて、ほとんどいないと思います。

でも、やらないと、そのうちダニのせいで、フケがで出てしまい頭から嫌な臭いが出てきますよ。寝具は清潔にしないと頭皮だけではなく、皮膚で覆われている体にも不衛生ですよね。

ストレス

ストレスを感じてつい、頭をガサガサっと買いてたことはありませんか?

神経の中に交感神経というものがあり、交感神経はストレスや緊張を感じた時に、汗や皮脂を過剰に分泌する性質があります。ストレスを感じて、痒みが出て繰り返すとさらにストレスになるので、ストレスの原因を早めに解消していきましょう。

自宅でできる頭皮のかゆみを改善方法

では、今から自宅でできる頭皮のかゆみを改善する方法をご紹介していきたいと思います。

この改善方法を実践する事で、ある程度のかゆみを抑える事ができます。全て実践しなくても良いので、自分にできる事を実行していきましょう。

ストレスを発散する

ストレスは頭皮の痒みに大きく影響しています。それに、ストレスを感じるといつの間にかどこかを掻いてしまっていたりとか、経験はないでしょか?

ストレスを感じると交感神経の影響で汗は皮脂が過剰に分泌されてしまいます。それによって頭皮のかゆみもでてきます。頭のかゆみは続くと頭皮の炎症にも繋がります。ストレスの原因はさまざまです。

ご自身にあったストレス発散方法を見つけましょう。

食生活や習慣を見直す

食生活は一番大事ですね。頭皮のフケやかゆみを無くすには、頭皮のサイクルを正常に戻さなければいけません。頭皮の細胞を作っているのは食事からです。

まず、食事の中でビタミンB6を取るように心がけましょう。ビタミンB6が含まれる食材はマグロ、レバー、鳥肉、納豆、生ハム、アボカドなどです。

反対に頭皮にあまりよくないものが油もの、糖質、炭水化物です。こちらは摂取しすぎがよくないので、ほどほどにしましょうね。

毎日の食事を気にしすぎると逆にストレスになりますので、できるところからスタートしていきましょう。ビタミンB6が含まれる食材を毎日摂取は厳しいかと思います。1週間に1回は心がけて、慣れたら増やしていきましょう。

食生活での改善は1日2日でできるものではありません。続ける事が大事です。1か月間、あるいは週1でビタミンB6取ったから大丈夫!と、いうわけにはいかないので、継続していきましょう。

紫外線を避ける

頭皮も皮膚なので日焼けします。夏の日差しの中歩くと、髪の毛せいで隠れてると思いがちですが、その下の頭皮は日焼けしていますよ。

日焼けをすると皮膚はとても乾燥しやすくなります。それは、日焼けをすることで皮膚が熱を持ち、水分を蒸発させてしまうからです。そのまま放っておくと、乾燥が進みフケが出てきてしまいます。

今は頭の日焼け止めスプレーもあるので、日焼け対策グッズを活用していきましょう。女性であれば、日傘で日焼けを予防している方は多いですが、男性は少ないですよね。

スーツであればハンチング帽などを持ち歩くか、できる限り日陰を歩くなどの小さな努力もしていきましょう。

髪を洗う前にブラッシングする

髪を洗う前にブラッシングする事で、頭皮の痒みを抑える事ができます。ブラッシングは非常に効率的な改善方法なので、是非実践して欲しい頭皮のかゆみ改善方法になります。

ちなみにブラッシングの効果は3つあります

 

◆抜け毛や汚れを取り除く効果

まず1つ目は絡んだ髪をほぐして、抜け毛や汚れを取り除く効果です。取り除くことで毛髪環境を清潔にします。

絡まりがひどくてブラシが通りにくいからといって無理にやってしまうと、髪の痛みの原因と抜け毛の原因になってしまうので、その場合はブラシの種類を変えてみましょう。

髪質にあったブラシを選ぶことも大事ですよ。

 

◆うるおい効果

髪をブラッシングする事でうるおい効果が期待できます。根本から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂がいきわたり、ツヤがあり、うるいおうのある髪をつくります。

 

◆マッサージ効果

髪をブラッシングする事でマッサージ効果も期待できます。頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、髪に栄養がしっかり届くようになります。

髪の成長にもよい影響を与えます。強いブラッシングは逆効果なので気を付けてね。髪を洗う前にブラッシングすることで汚れやほこりも落ちて、血行良い状態でシャンプーすることで頭皮環境が良くなるきっかけになりますね。

また、ブラッシングで絡まりもほぐれた状態で洗髪するので、泡が細かく髪全体に行き渡り、抜け毛も防ぐ働きもあります。

頭皮乾燥を招く市販シャンプーを使わない

頭皮乾燥を招いてしまう市販シャンプーを使わない事も非常に重要な事です。

市販のシャンプーのほとんどには下記の成分が配合されています。

 

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸NA

 

これらの成分が含まれています。

これは合成界面活性剤といってシャンプーの洗浄力、泡立ちをよくするために使用されています。洗浄力が強いため、髪の汚れだけでなく、頭皮に必要な皮脂、毛根の汚れをすべて洗い流されてしまいます。

必要な油分まで洗浄してしまうので、頭皮トラブルのもとになってしまいます。場合によっては抜け毛の原因にもなってしまいます。是非、ご自宅の使用されているシャンプーの成分を見てみて下さい。

市販のシャンプーを使用されている方は「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」と記載されているのではないでしょうか。

頭皮に優しいシャンプーを使う

シャンプーは大きく3種類に分けることができます。

 

  • アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

アルコール系シャンプーは先ほど上でご紹介した石油系界面活性剤を使用したシャンプーです。洗浄力が強く、髪の毛や頭皮にダメージを与える恐れがあります。

石鹸系シャンプーに関しては、天然成分を使用したものが多く頭皮には優しいが、アルカリ性で洗浄力が強く、髪の毛に最適。と、言い難いです。

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分としてアミノ酸系の成分を使用したシャンプーのことで、適度な洗浄力と高い保湿力が特徴です。

頭皮の痒みを抑えたい人はシャンプーはアミノ酸系シャンプーをおススメします。また、アミノ酸には肌や髪の毛を保湿するスキンケア効果があります。

かゆみやフケでお悩みの方にはおススメですよ。また、低刺激で頭皮へのダメージが少ないため、薄毛や抜け毛に悩んでいる男性にも向いているでしょう。

カダソンシャンプーを使用する

毎日シャンプーで頭皮の痒みを抑えるのであれば、当サイトが推奨している『カダソンシャンプー』を使用する事をオススメしています。カダソンシャンプーは脂漏性皮膚炎をはじめ、頭皮の痒みを緩和する効果が期待できます。

そもそも、カダソンシャンプーは現役皮膚科医が開発したシャンプーなので、その効果は絶大です。

==配合成分==

  • グリチルリチン酸
  • サリチル酸
  • アミノ酸
  • シロキクラゲエキス

========

カダソンシャンプーはこの通り、かゆみ、乾燥などを改善する効果のある成分が豊富に配合されています。

それにアミノ酸シャンプーなので、頭皮環境を整えつつ、髪もしっかりと洗う事ができる頭皮環境改善に強いシャンプーです。

頭皮のかゆみに今後も悩まされたい男性は、カダソンシャンプーは使わない方が良いのですが、頭皮のかゆみを完全に改善して、爽やかでスッキリとした生活を送りたい人は使用する事推奨します。

驚きの効果を実感する事ができるでしょう。

>>カダソンシャンプー公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『頭皮がかゆい男性に告ぐ!かゆみが激増する前の自宅ケア方法』というテーマでお送りしていきました。

頭皮のかゆみに悩まされている男性はたくさんいる事でしょう。ですが、この記事を見て少しでも痒みを抑えて欲しいです。かゆみには必ず原因がありますので、その原因を見つけ、改善していきましょう!

◆公式サイト:カダソンシャンプー

◆関連記事:KADASON|カダソンシャンプーの効果は嘘?口コミから徹底検証!

◆関連記事:髪の毛のチリチリを治す方法はない!男がしたい改善策とは?

特集記事